風俗談やエロ話まとめ エロ男爵養成所

ここでしか読めない風俗体験談やエロ話、お勧めアダルトサイトを随時紹介しています。お時間がある方は是非一度ご覧ください!

今年還暦を迎える友人の母親に誘われて

私は四十半ばで妻子ありの男だが、先日後輩の家に借りたものを返しに訪れた時のことだった。 その後輩は留守だったらしく、出てきたのは今年還暦を迎えるという母親だった。 初めて見た彼女はとても色っぽく私好みの豊満体型でAV女優の岩崎千鶴にそっくりの高齢熟女だった。軽く挨拶を交わし後輩に借りていた物を返すと、「息子は出かけているけど、帰ってくるまでお茶でもどう?」と誘ってくれて、これはチャンスかもと思い図々しくも上がらせてもらった。ソファーに座り向かい合ってお茶を飲む二人。しばらくは後輩の事や仕事の話をしていたのだが、どうしても彼女の胸元が気になって目線が向いてしまう。その時の彼女の格好がノースリーブで長めのワンピース一枚、しかも当時は夏場だったのでかなり薄手のものだ。下に身に着けている黒のブラも透けている。。。そんな私の目線に気が付いたのか、彼女は冗談ぽく「そんな目で見てくれて嬉しいわ。よかったら触ってみる?」と願ってもいない言葉が。正直に私は腕を伸ばし彼女の胸を触ってみた。大きく、脂肪がたっぷりついた胸を揉んでいると私の息子も元気になりパンパンに膨れ上がってきた。すると彼女の方から私の股間に手を伸ばし、ズボンの上からシゴき始めたのだ。 「こんなになっちゃって‥私で良かったら相手しようか?」と言われ迷わずにお願いした。そこから彼女に貪るようにディープキスをしてパンティの中に手を這わせてオマンコの部分を指で掻き回した。信じられないほどの愛液を垂れ流して完全にウットリ状態になっている彼女。もう我慢できなくなったのか、私をベッドに誘導してお互いの服を脱がせあった。そして彼女が俺のチンポを口に含んでジュプジュプと卑猥な音を鳴らして吸い始める。私の限界も近づいてきたので、彼女を仰向けにして亀頭を愛液で濡らすようにゆっくりゆっくりと割れ目を擦るように挿入する‥ズボ、クチュ、ニチュと何とも言えない感覚で彼女のヒダに包まれて、さらに大きく膨張する私の肉棒。ゆっくりと時間を掛けて奥まで入れ、ゆっくりと引いていく。そしてそれを繰り返すように責めると、息を荒げて「気持ちいい‥来て。中にいっぱい出して、あなたのをちょうだい!」と懇願され濃い精子を彼女の中に大量に発射してしまった。彼女も久しぶりだったのか満足気な顔をして「キレイにしましょう」と言ってお掃除フェラで残ったザーメンを飲み干す。その後も後輩がいない時間を狙って家に行き週に一度は高齢熟女を抱いている日々が続いている。